ディーラーで車の下取りするのは車の売却に有利?

ディーラーで車の下取りするのは車の売却に有利?

買取査定


世間では車を売却する時
「下取り」
と言う言葉を使います。


これは正確に言うと売却とは違います。


下取りは車の乗り換えを前提にしています。


したがって乗り換える車の値引き価格であって
「買い取り」価格とは性格が違うものなのです。


例えば新車価格から下取り価格を
差し引いて値引きされますが、
新車価格自体に値引き率が暗黙の了解で
設定されていたとしましょう。


これは何も自動車だけとは限りません。

下取りの乱用は自動車業界以外にも

買取査定

家電量販店などでは公然と値引き率を競いあっています。


広告チラシをお互いにチェックしているほどです。


「店長判断価格」などは値引きを
前提にしなければ成り立ちません。


自動車はそこまで露骨ではありませんが
値引き率が設定されていて、
下取り価格もその範囲内であったとすれば
たとえ数万円でも価格は0円です。


これが現実です。


あの車が数万円で下取りされたと
思いがちですが下取りには落とし穴があるのです。


下取りされた車はその後どうなるのでしょうか。


下取りされた車のその後

買取査定

スクラップ化されるものもあるでしょうが、
ほとんどの場合メンテナンスが施され
再び市場に商品として流通します。


それは国内だけではありません。


海外市場にも販路を求める場合もあります。


そこで大切なのは売却しようとする
愛車の真の価値(対価)です。


下取りという概念を先ず払拭することです。


そのためにあるのが売却(買い取り)査定の相場です。


最近のディーラーもそれを前提にしていますが
単一の相場情報では適正を欠きます。


売り手も複数の情報を持つ事が大切です。


買い取り専門業者に売却するも良し、
ディーラーに下取りして貰うも良しですが
適正な売却額を予め掴んでおく必要があります。


そういった時に登録なしで価格がわかる
サイトは非常に便利で人気がありますね。


興味がある方は一度見てみて下さいね。

ホンダ,nwgn




人気NO1カーセンサー 人気NO2カービュー