車売却時(下取り後) に必要な書類は?

車売却時(下取り後) に必要な書類は?

ホンダ,nwgn

 

車の売却時の書類手続きは
業者任せにする人が多いと思われます。

 

 

そのためか意外と記憶に残っていないか
分からないと言う人がほとんどでしょう。

 

 

仮の売却査定をする場合には必要ないのですが
いざ本査定し売却額が決定した段階で
市場に出せるかどうかを決定するのが
書類関係になります。

 

 

先ずは車検証です。

 

 

車検証がなければ新たに登録し直す必要も出てきます。

 

 

車検切れの車は公道を走れませんから陸送となります。

 

 

そこで車検を受ければ基本的には市場に出せます。

 

 

次に自賠責保険証書です。

 

 

これも加入していなければ基本的には走れません。

 

 

なければ加入しておかなければなりません。

 

 

車検切れで保険加入もしていないとその額分は査定から外されます。

 

 

額にすると大きなものです。

 

 

更に納税済み証明書が必要です。

 

 

これは登録してある自動車は全て課税されます。

 

 

走らせているかどうかは関係ありません。

 

 

廃車手続きをしていない限り所有者には
都道府県または市町から徴収されます。

 

 

納税していない場合は督促状が送られてきます。

 

 

納税免除の場合でもその旨を知らせる葉書が届きます。

 

 

仮に失くした場合は所轄の役所で
再発行してもらえますが保管には注意したほうが良いでしょう。

 

 

その他印鑑証明書や実印およびリサイクル券が必要です。

 

 

場合によっては住民票が必要になることもあります。

 

 

これらの業務を業者が代行してくれる場合もありますが
実費と代行料を支払う事も当然あります。

 

 

あくまでも商取引ですから法に則り手続きはなされます。

 

 

厳格な手続きを求める業者こそが信頼されます。

 

 

中途半端であったり手続き上ミスがあったりすると後々が大変です。

 

 

書類はしっかりとチェックしていきましょう。

 

ホンダ,nwgn

 

 


人気NO1カーセンサー 人気NO2カービュー