車の売却時、下取り時に傷を発見してしまった時は?

車の売却時、下取り時に傷を発見してしまった時は?

買取査定

車を売却する時に車の状態は
査定上の最大の条件となります。

 

 

車の状態と言っても査定項目には優先順があります。

 

 

ボディや内装などに出来た傷跡も
売り手としては大変気になります。

 

 

最近はオーナー自身が簡単に修復することの出来る
グッズが沢山商品化されていますのでとても便利です。

 

 

引っかき傷などもコンパウンドを使うと見事に修復できます。

 

 

また簡易塗料も車種ごとに設定されていますから
オーナー自身で修復する場合もあるでしょう。

 

 

しかしあくまでも素人技です。

 

 

ここには落とし穴があります。

 

自己流の修復は要注意!?

買取査定

売却することを前提にしている場合は
技量の伴わない自己流の修復は
避けたほうが良いかも知れません。

 

 

時として傷跡が修復されるどころか
かえって逆効果になる事もあります。

 

 

どうしても気になる場合は
専門業者に見積もってもらい
判断する方が賢明です。

 

 

買い取りの査定業者のほとんどは
車の修理工場と技術者がいます。

 

 

多少の傷跡など簡単にしかも
廉価で修復してしまいます。

 

 

傷跡が無い方が有利なのですが
査定項目の優先順から言うと
問題にならない事もあります。

 

 

下手に傷跡を深くするよりは良いでしょう。

 

 

査定時にどのくらい影響するものか
尋ねてみることもお奨めです。

 

 

修復歴なども隠さずに明らかにして
臨む方が良いとも言われています。

 

 

どんな商談でもそうですが、
真摯な対応が必要です。

 

 

査定額を決めるのは最終的には
当事者同士だと言う人もいます。

 

 

複数査定が大切なのは
このような時にも当てはまります。

 

ホンダ,nwgn

 

 


人気NO1カーセンサー 人気NO2カービュー