改造すると下取り額や買取価格は下がるのか?

改造すると下取り額や買取価格は下がるのか?

買取査定

 

車の改造をどの範囲として考えるかによって結論は違ってきます。

 

 

車高を法定のギリギリまで極端に下げていると言った例では
査定すら出来ないのではないでしょうか。

 

 

個人間の譲渡しでは両者の合意があれば成立するでしょう。

 

 

しかし買い取り業者は買い取った後販売市場に商品として出します。

 

 

不特定多数のニーズに応えるためには
車高を極端に下げた状態では不利です。

 

 

改造車の買取額が高くなるケースは?

 

こう考えると改造車でも買い取り価格が高くなる場合があります。

 

 

多数の人が認める改造車です。

 

 

一例をあげるとキャンピングカーです。

 

 

多くの場合は既に仕上がっている車が人気です。

 

 

専門業者がデザインしオプションで改造していますから
当然と言えば当然です。

 

 

中にはオーナーが後から室内空間をデザインし
部品を調達して仕上げたキャンピングカーもたくさん走っています。

 

 

この場合でも機能性や後付けの機器の良さやデザインが
その車とマッチしていれば高い評価となるでしょう。

 

 

キャンピングカーに興味をもっている人の多くから
支持されそうな車は査定額が高くなります。

 

 

反対にその人の好みだけが先行した場合は
支持を受けない事も考えられます。

 

 

改造とは違いますがオプションで純正品を装着したものや
社外品のものでも有名メーカーのものを装着した場合は
査定額に反映すると言われています。

 

 

音響機器や多機能GPS、アルミホイールやタイヤなどがそれにあたります。

 

 

反対にその車にマッチしない装着品や個人の好みが
色濃く出ているものは敬遠されるようです。

 

ホンダ,nwgn

 


人気NO1カーセンサー 人気NO2カービュー