車の売却時下取り時に車検が残り少ないときは

車の売却時下取り時に車検が残り少ないときは

買取査定

 

通常車検が残り少ないのは査定上では不利だと考えられています。

 

 

車検期間が数カ月の車と2年近い車では
後者の方が有利で得をしたと思うからでしょう。

 

 

それは中古車を買い求めようとする人の感情です。

 

 

その感情に売り手である現オーナーも左右される事になります。

 

 

売却時に車検切れが近くなった車を敢えて車検に出す人もいるかも知れません。

 

 

それでは買い取り業者はどう考えるでしょうか。

 

 

車検期間の長短は全く関係ないという業者は先ずいません。

 

 

やはり考慮対象であることは間違いありません。

 

 

中古車販売市場ではその車の車検期間を必ず表示しています。

 

 

買い求めようとする人はその期間を必ず確認します。

 

 

確認した上で価格との釣り合いを確かめるでしょう。

 

 

当然の事です。

 

 

 

車の価格に車検の期間は折込済み。業者に相談も。。。

買取査定

しかしこの価格のなかには車検費用も考慮した部分が含まれています。

 

 

車検期間が短い車は販売価格が下げられています。

 

 

長い車は割高設定です。

 

 

買い求める人もそれを承知した上で購入する車を選ぶ事になります。

 

 

売却時に車検期間を長くするために敢えて
早めの車検受けをする売り手は査定額や車検費用など
相対的に考慮したほうが良いでしょう。

 

 

買い取り業者の多くが車検業務もしていますから
査定時に相談する事をお奨めします。

 

 

業者にとって車検費用は内部的にはほとんど関係ない額です。

 

 

内部的と言ったのは買い取った車の車検で
儲けようとはしていないからです。

 

 

あくまでも商品としての価値をあげるためです。

 

 

敢えて車検期間を短いままにして販売する事さえあるようです。

 

 

そのほうが自然です。

 

こういった車検の期間も考慮した概算価格を
インターネット上で簡単に割り出せるサイトがあるので、
興味のある方は一度見てみて下さいね。

 

ホンダ,nwgn


人気NO1カーセンサー 人気NO2カービュー